【おまとめローンで借り換え一本化】借入件数少、延滞なしが審査通過のポイント

おまとめローン比較ハックス

おまとめローンやカードローンの比較を行います。

【おまとめローンで借り換え一本化】借入件数少、延滞なしが審査通過のポイント

読了までの目安時間:約 3分

 


金利ゼロ期間ありのプロミス

プロミスバナー
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短1時間の融資が可能!土日祝日にも対応
▼会社バレなし
コールセンターは日本の消費者金融で唯一、国際基準を満たす
WEBの「カンタン入力」で申し込めば、会社に電話しないよう相談できる
カードレス、WEB明細の利用も可能なので周囲に内緒で借りられる
▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があるなら
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】
▼最大30日間無利息キャッシング!
アコムやアイフルは契約日から30日だが、プロミスは借入日から30日間!
▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスの公式案内を見る]



※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングにはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

WEB完結のSMBCモビット

320x50 竹中さん 静止
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!
土日でもスピーディーに対応可能
▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし
プライバシーを気にする人にとっての一番の解決策!
▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!
▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットの公式案内を見る]

※SMBCモビットの利用は安定した収入があることが条件。即日融資(振込)は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり

おまとめローンを申込んだとき、借り入れ件数が5件以上の顧客は、一般的に審査に通過するのが難しいと言われています。
借り入れ件数を減らすために、一旦、消費者金融の借り換えローンを申し込むのも戦略として有効であると思います。
しかし、最終的には低金利の銀行カードローンをおまとめローンとして利用することがおすすめです。

おまとめローンを申し込むときは、低金利の銀行カードローンを利用するのが一番現実的です。なぜなら、おまとめローンの目的は、月々の返済額をできるだけ減らして、生活を少しでも楽にすることだからです。
借り入れ件数は、他社、他行によってそれぞれ許容件数は異なりますが、一般的にできるだけ少なくした方が審査に通る可能性が高くなります。申し込む前に、できるだけ借入件数を減らすように心がけましょう。
一方、おまとめローンとしてではなく、急きょ足りなくなったお金の差額分を補うには、消費者金融も便利です。金利ゼロの期間が設けられている分、使い方によってが銀行よりも便利かもしれません。
ということで、頼りになる大手の消費者金融のスペックもここで紹介しておきます。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

おまとめローンで借り入れ件数以外に注意することは?

おまとめローンの借り入れ件数以外にも注意しておいて欲しいことがあります。
それは、複数の金融機関の借り入れを滞ることなく、きちんと返済し続けるということです。
もし、過去に60日以上に渡る支払いの延滞をして金融事故を起こしてしまったならば、その情報は個人信用情報機関に登録されてしまっていますので、審査が通過しにくくなります。

延滞した記録は5年の間は消えませんし、延滞でなく個人再生や自己破産などの債務整理をした人も、その記録は個人信用情報機関に登録されます。
これらの人は、おまとめローンの審査が通過するのが難しくなってしまうでしょう。

金融事故でなくとも、同時に複数社におまとめローンの申し込みをしても、審査に通過しにくくなります。同時にいくつもの金融機関に融資を求める人は、お金に切羽詰っている人、と見做されてしまうからです。
そんなつもりはないのに、悪く受け取られてしまうのはつまらないですよね。
金融機関に申し込むならば短期間に複数社へ申し込まないようにしましょう。

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る