借り換え一本化するなら低金利銀行で【おまとめローンの賢い選び方】

目的ローン比較ハックス

目的ローンやカードローンの比較を行います。

借り換え一本化するなら低金利銀行で【おまとめローンの賢い選び方】

読了までの目安時間:約 3分

 


【PR】30日間利息0円!プロミス

プロミスバナー 【5つのポイント】
・土日でも最短1時間の即日融資可能!
・アコム、アイフル、SMBCモビットより上限金利が低い!
・申し込み後、会社に電話しないよう相談できる
・初めての利用なら30日間利息0円!
・20代、30代の正社員・アルバイト向け

[プロミス公式案内]

【PR】WEB完結のSMBCモビット

モビットバナー
【4つのポイント】
・最短即日融資できる!※申込のタイミングにより翌日以降になる場合あり
・WEB完結申し込みなら電話連絡や郵送物がなしに!
・プライバシーを気にする人の最善策!
・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビット公式案内

最近、銀行や消費者金融などが「おまとめローン」の宣伝をしているのを目にしますが、おまとめローンがどういう商品なのかご存じですか。

おまとめローンは、二社以上の借り入れを一つの金融機関の借り入れにまとめて一本化してしまう便利な商品です。

低金利の金融機関でおまとめローンを組むことができれば、それまで高かった月々の返済を大幅に減らすことができますし、一本化して支払い口が一つになったので管理の手間も省けます。

もし複数の金融機関からの借り入れがある人は、おまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。
特に銀行のカードローンは低金利なので、おまとめローンとして使うのにはとてもおすすめです。

おまとめローンを申し込むときは、低金利の銀行カードローンを利用するのが一番現実的です。なぜなら、おまとめローンの目的は、月々の返済額をできるだけ減らして、生活を少しでも楽にすることだからです。
借り入れ件数は、他社、他行によってそれぞれ許容件数は異なりますが、一般的にできるだけ少なくした方が審査に通る可能性が高くなります。申し込む前に、できるだけ借入件数を減らすように心がけましょう。
一方、おまとめローンとしてではなく、急きょ足りなくなったお金の差額分を補うには、消費者金融も便利です。金利ゼロの期間が設けられている分、使い方によってが銀行よりも便利かもしれません。
ということで、頼りになる大手の消費者金融のスペックもここで紹介しておきます。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

借り換え豆知識 おまとめローンの選び方

おまとめローンを検討しているけれど、どれを選べばいいのか困っている、という人もいると思います。
そんな人はまず、金利に注目して考えてみましょう。
おまとめローンの良いところは、それまで支払っていた金利よりも低いところで借り換えれば、月々の返済額はもちろん、総返済額も減額できることです。
したがって、おまとめローンで借り換え一本化しようと考えたならば、金利の低いところを見つけて申し込む必要があります。
それでは、金利の低い金融機関とはどこのことでしょうか。
一般的には、消費者金融、信販会社、銀行の順で金利は高くなっていきます。
金利がもっとも低いのは銀行なので、銀行のカードローンを狙って申し込むのがもっとも賢い選択と言えるでしょう。

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る