おまとめローンで借り換え一本化はデメリットの多い債務整理よりおすすめ【比較】

目的ローン比較ハックス

目的ローンやカードローンの比較を行います。

おまとめローンで借り換え一本化はデメリットの多い債務整理よりおすすめ【比較】

読了までの目安時間:約 3分

 


金利ゼロ期間ありのプロミス

プロミスバナー
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短1時間の融資が可能!土日祝日にも対応
▼会社バレなし
コールセンターは日本の消費者金融で唯一、国際基準を満たす
WEBの「カンタン入力」で申し込めば、会社に電話しないよう相談できる
カードレス、WEB明細の利用も可能なので周囲に内緒で借りられる
▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があるなら
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】
▼最大30日間無利息キャッシング!
アコムやアイフルは契約日から30日だが、プロミスは借入日から30日間!
▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスの公式案内を見る]



※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングにはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

WEB完結のSMBCモビット

320x50 竹中さん 静止
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!
土日でもスピーディーに対応可能
▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし
プライバシーを気にする人にとっての一番の解決策!
▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!
▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットの公式案内を見る]

※SMBCモビットの利用は安定した収入があることが条件。即日融資(振込)は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

何気なくお金を借りて後で返せばいいやと思っていると、気づけば多重債務によって身動きがとれなくなっていることがあります。
そんなときに借金を何とかするために思いつく方法といえば、おまとめローンによる借り換えと、債務整理の二つではないでしょうか。

私のおすすめとしては、まずはおまとめローンによる借り換えを検討してみるのが良いかと思います。
その理由は、後述しますね。
一先ずは、オリックス銀行カードローンのスペックに注目してみてください。
いかに低金利銀行のカードローンがおまとめローンとして使うのに適しているかが分かるでしょう。

債務整理よりもおまとめローンがおすすめな理由

債務整理というのは、簡単に説明すると自分の債務(借金)を整理する、という意味です。
債務整理のやり方にはいくつかの方法があります。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

上の三つはあまり聞き覚えがなくても、自己破産という言葉はニュースなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
自己破産がどういったものなのかというと、どのくらい大きな借金を抱えていても、その借金をなくしてしまえます。ただし、自己破産をするには、裁判所に免責の決定を受ける必要があります。
自己破産の主なデメリットとしては、自己破産後およそ5~10年間、自己破産をしたという記録が個人信用情報機関に載ってしまうので、借り入れが一切できなくなることです。
また、車や家など価値のある財産は債権者に取られてしまいます。
破産決定してから免責決定を受けるまでの期間、特定の仕事ができないという制限もあるのでかなり不便ですね。
債務整理はこのようなデメリットもあるので、多少返済が辛くても、借金の返済が可能そうならば、おまとめローンで借り換えをして、地道に借金を返済することの方がおすすめです。

銀行のカードローンなら低金利なので、総返済額の縮小も見込めますし、もし借金の毎月の支払いがキツいのならば、まずはおまとめローンで借金を一本化することを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る