借金一本化デメリットから考える本当に得するおまとめローン【低金利借り換え】

おまとめローン比較ハックス

おまとめローンやカードローンの比較を行います。

借金一本化デメリットから考える本当に得するおまとめローン【低金利借り換え】

読了までの目安時間:約 3分

 


金利ゼロ期間ありのプロミス

プロミスバナー
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短1時間の融資が可能!土日祝日にも対応
▼会社バレなし
コールセンターは日本の消費者金融で唯一、国際基準を満たす
WEBの「カンタン入力」で申し込めば、会社に電話しないよう相談できる
カードレス、WEB明細の利用も可能なので周囲に内緒で借りられる
▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があるなら
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】
▼最大30日間無利息キャッシング!
アコムやアイフルは契約日から30日だが、プロミスは借入日から30日間!
▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスの公式案内を見る]



※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングにはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

WEB完結のSMBCモビット

320x50 竹中さん 静止
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!
土日でもスピーディーに対応可能
▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし
プライバシーを気にする人にとっての一番の解決策!
▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!
▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットの公式案内を見る]

※SMBCモビットの利用は安定した収入があることが条件。即日融資(振込)は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり

おまとめローンは便利ですが、おまとめローンで借金を一本化するメリットとデメリットをきちんと把握していますか。
おまとめローンは基本的に長期の利用になるので、デメリットのことを検討しておくことは特に重要です。

おまとめローンのデメリットを理解することで、本当の意味で得をする借金一本化を目指しましょう。

おまとめローンを申し込むときは、低金利の銀行カードローンを利用するのが一番現実的です。なぜなら、おまとめローンの目的は、月々の返済額をできるだけ減らして、生活を少しでも楽にすることだからです。
借り入れ件数は、他社、他行によってそれぞれ許容件数は異なりますが、一般的にできるだけ少なくした方が審査に通る可能性が高くなります。申し込む前に、できるだけ借入件数を減らすように心がけましょう。
一方、おまとめローンとしてではなく、急きょ足りなくなったお金の差額分を補うには、消費者金融も便利です。金利ゼロの期間が設けられている分、使い方によってが銀行よりも便利かもしれません。
ということで、頼りになる大手の消費者金融のスペックもここで紹介しておきます。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

知らない人も多い借金一本化デメリット

意外と知らない人も多いのですが、借金一本化にはデメリットがあります。
おまとめローンは金利が低いところを利用した方がお得だ、とそれだけを主張している人もいますが、きちんと返済期間にも注目しているのでしょうか。
せっかく金利が低くなっても返済期間が長引いてしまえば、最終的に借金を一本化する前よりも総返済額が大きくなってしまう可能性があります。借金一本化によって月々の返済額が大幅に減った。それだけで安心してしまわずに返済総額もチェックしておきましょう。
また、月々の返済額が減ればゆとりを持った返済生活を送ることができますが、借りているお金には利息がつくので返済期間が長引けば長引くほど損をしている、という事実はきちんと理解しておくことが大切です。
これらの事実を踏まえた上でおまとめローンで借金一本化をすれば、本当の意味でお得な借り換えができるのではないでしょうか。

imasia_3471993_XL

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る