おまとめローンで借り換えるなら低金利銀行カードローンがおすすめ【借金一本化】

おまとめローン比較ハックス

おまとめローンやカードローンの比較を行います。

おまとめローンで借り換えるなら低金利銀行カードローンがおすすめ【借金一本化】

読了までの目安時間:約 4分

 


金利ゼロ期間ありのプロミス

プロミスバナー
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短1時間の融資が可能!土日祝日にも対応
▼会社バレなし
コールセンターは日本の消費者金融で唯一、国際基準を満たす
WEBの「カンタン入力」で申し込めば、会社に電話しないよう相談できる
カードレス、WEB明細の利用も可能なので周囲に内緒で借りられる
▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があるなら
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】
▼最大30日間無利息キャッシング!
アコムやアイフルは契約日から30日だが、プロミスは借入日から30日間!
▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスの公式案内を見る]



※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングにはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

WEB完結のSMBCモビット

320x50 竹中さん 静止
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!
土日でもスピーディーに対応可能
▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし
プライバシーを気にする人にとっての一番の解決策!
▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!
▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットの公式案内を見る]

※SMBCモビットの利用は安定した収入があることが条件。即日融資(振込)は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり

おまとめローンで借り換えるなら、低金利の銀行カードローンを検討するのがお得です。
ただし、銀行の審査は一般的に厳しいので、きちんと準備をしておくことが望ましいかと思います。
といっても、すべきことは簡単です。

・虚偽の申告をしない
・同時に複数社のおまとめローンを申し込まない
・他社借り入れ件数を審査を受ける前にできるだけ減らしておく

この3つのことに注目しておくと、おまとめローンの審査の通り方も大分違ってくるのではないでしょうか。

オリックス銀行カードローンは、低金利かつ最高限度額も大きいので借り換えに適したカードローンです。
おまとめローンとして検討してみてはいかがでしょうか。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

金融機関のおまとめローンの審査基準マメ知識

金融機関のおまとめローンの審査の方法ってご存知ですか。
審査方法には大きく分けて2つあります。
・申告書に記載された内容を確認する

・過去の統計データを利用する

申告書に記載された内容が本当か嘘か確認するための方法として金融機関が行うのは個人信用情報機関への照会です。個人信用情報機関には、顧客の借り入れ情報が集められていますので、それによって顧客がどのような借り入れをしているのか、簡単に把握することができます。
嘘をついてもほぼ必ずバレてしまうので、金融機関にはできるだけ正直に告げるようにしましょう。

過去の統計データの利用ってどういうこと?

金融機関はそれぞれ、過去の顧客の情報を統計データとしてまとめています。
統計データは、顧客のプロフィールや利用サービス、支払い履歴などがまとめられており、それを新たな顧客の審査に利用しているのです。
データは膨大で、顧客の性別や年齢、勤務先、勤続年数、年収や借り入れした額、他社の借り入れ金額、金融事故の情報など、プロフィールの細部に至るまでが集められています。
新規の顧客のプロフィールをコンピュータで打ち込むと、過去の顧客の中で類似しているものがいないか、探し出してくれるわけです。たとえば、新規の顧客と似たプロフィールを持つ人が、過去の顧客で3人いたとして、3人ともきちんと借り入れしたお金を完済していたら、新規の顧客も貸したお金を完済する可能性は高くなりますよね。

統計学による数字は嘘をつかないので、おまとめローンの審査を通過させるか、しないかの指標にできるというわけです。

他にも顧客の言動や振る舞いにも、金融機関は注目しています。しかし、あからさまに怪しい人はともかく、たった一度会ったくらいでは、返済能力や人間性を判断するのは難しいですよね。
したがって、審査には、申告内容の確認と統計データとの比較が重視されることになるでしょう。

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る