おまとめローンは審査を受ける前に借入件数を3件以下にすべき【借り換え一本化】

目的ローン比較ハックス

目的ローンやカードローンの比較を行います。

おまとめローンは審査を受ける前に借入件数を3件以下にすべき【借り換え一本化】

読了までの目安時間:約 2分

 


【PR】30日間利息0円!プロミス

プロミスバナー 【5つのポイント】
・土日でも最短1時間の即日融資可能!
・アコム、アイフル、SMBCモビットより上限金利が低い!
・申し込み後、会社に電話しないよう相談できる
・初めての利用なら30日間利息0円!
・20代、30代の正社員・アルバイト向け

[プロミス公式案内]

【PR】WEB完結のSMBCモビット

モビットバナー
【4つのポイント】
・最短即日融資できる!※申込のタイミングにより翌日以降になる場合あり
・WEB完結申し込みなら電話連絡や郵送物がなしに!
・プライバシーを気にする人の最善策!
・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビット公式案内

ローンの一本化を狙うなら、おまとめローンの審査では借り入れ件数と返済状況に気をつけましょう。
借り入れ件数は3件以下が望ましく、4件になると難しい、5件になるとかなり困難になります。
返済状況も、直近の返済を何度も延滞しているようだと、審査に通過するのは難しいでしょう。延滞をする=信用がない顧客であると金融機関は見るので、たかが延滞と侮らないことが大切です。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

金融豆知識 虚偽が通用しない個人信用情報機関

金融機関は顧客の情報を共有しています。
顧客の情報は、個人信用情報機関に登録され、一括管理されています。
金融機関は、顧客からの申し込みがあると、顧客が申告した情報をチェックするだけでなく、その顧客の過去の借り入れ状況を調べるために、信用情報機関へ照会するのです。

もし、顧客が直近で延滞などの金融事故を起こしている場合、おまとめローンの審査に受かる可能性が低くなります。
審査を厳格に行うところですと、携帯電話の料金の支払いにも注目しています。
したがって、普段から返済を一つも滞ることなく続けていくことが大切です。
ちなみに、どのくらい前の支払い状況まで金融機関が見ているのかというと、それは金融機関によって差はあるのですが、およそ6か月ほどです。
したがって、既に延滞をしてしまった人は、半年以上きちんと返済を続けてから、おまとめローンを申し込んだ方が、審査に通過する可能性が高くなるでしょう。

また、審査のときに自分に不利な情報をしゃべりたくないものですが、信用情報機関への照会で、大体のことは知られてしまうので、虚偽の申告をしない方が印象が良くなりますよ。

 

おまとめローン   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る