携帯電話料金未払い滞納なら消費者金融キャッシング、銀行カードローンで解決!!

目的ローン比較ハックス

目的ローンやカードローンの比較を行います。

携帯電話料金未払い滞納なら消費者金融キャッシング、銀行カードローンで解決!!

読了までの目安時間:約 6分

 


【PR】30日間利息0円!プロミス

プロミスバナー 【5つのポイント】
・土日でも最短1時間の即日融資可能!
・アコム、アイフル、SMBCモビットより上限金利が低い!
・申し込み後、会社に電話しないよう相談できる
・初めての利用なら30日間利息0円!
・20代、30代の正社員・アルバイト向け

[プロミス公式案内]

【PR】WEB完結のSMBCモビット

モビットバナー
【4つのポイント】
・最短即日融資できる!※申込のタイミングにより翌日以降になる場合あり
・WEB完結申し込みなら電話連絡や郵送物がなしに!
・プライバシーを気にする人の最善策!
・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビット公式案内

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_4712604_XL

実は携帯電話料金未払い、滞納でブラックリストに載るというのはご存じですか?

ブラックリストに載るのは、消費者金融キャッシングや銀行カードローンの滞納、クレジットカード利用代金の未払いだけではないんです。

そもそも「まずブラックリストって何?」という方のために、まずはブラックリストについて説明しましょう。

ブラックリストというのは、信用情報機関で金融事故を起こした人の記録を指していますが、実際にブラックリストという名前ではありません。キャッシングや銀行カードローンの支払いを延滞、滞納した人や、債務整理をした人のことが記録されたものを通称ブラックリストと呼んでいるに過ぎないんです。

信用情報機関に金融事故を起こしたという記録が載ってしまうとどのようなデメリットがあるのかというと、これはかなり不便なことになってしまいます。

まず、今後、クレジットカード、キャッシング、クレジットカードの審査を申込んでも、一切通らなくなってしまいます。また、現在使っているクレジットカードは使えなくなりますし、キャッシング、銀行カードローンも新たな借入が不可能となり、返済しかできなくなってしまいます。

ちなみに、携帯電話料金の未払いで信用情報機関に記録が載るのは、携帯電話の通話料金ではなく、携帯電話の端末代を滞納した場合です。 携帯電話の端末の代金は、一括で支払わずに分割払いで購入する人が多いですよね。

この携帯電話の端末代金ですが、クレジットカードでの支払いではなく、銀行の口座引き落としやコンビニ払いにしていても、3か月以上未払いだと割賦販売法に基づき、信用情報機関に登録されて信用情報に傷がつくことになってしまいます。

したがって、携帯電話の端末代をまだ支払い終えていない人は、携帯電話料金の滞納について注意しておいた方が良いでしょう。

もし、一時的にお金が不足していて携帯電話料金が払えないのならば、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを頼るというのが良いかと思います。
携帯電話の端末代を滞納し続けてしまうと、今後借入ができなくなってしまい、すごく不便な思いを味わうことになりますよ。

大手消費者金融のプロミスやアコムならば、初回限定で30日間の無利息キャッシングを利用することも可能なので、不足した携帯電話料金を支払って、その月のお給料で完済してしまえば利息を取られることなくお金を支払うこともできます。

安心かつお得に利用できる大手消費者金融と低金利の銀行カードローンを紹介しますので、もし、お金が不足しているなら頼ってみてくださいね。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_3471993_XL

お金が足りないときは我慢せずに消費者金融キャッシングや銀行カードローンを頼るのがおすすめ

タイトル通りの主張で恐縮ですが、お金が足りないときは変に我慢せずに、消費者金融キャッシングや銀行カードローンを頼った方が良いです。

浪費目的の消費の場合、キャッシングやカードローンはおすすめできませんが、食費が足りない、光熱費が足りないなど、放っておくと生活や下手をすると命にかかわってくる場合は、やせ我慢をして健康を崩してしまう前に、お金を借りた方が問題が大きくならない場合もあります。

今回の記事の携帯電話料金の未払いもその典型的なケースです。

携帯電話の通話代ならともかく、携帯電話の端末代が未払いの場合、それが3か月以上の滞納になってしまうと、信用情報機関に金融事故として登録されることになり、今後、新たなクレジットカードをつくったり、キャッシングやカードローンによる借入ができなくなってしまいます。それが永遠に続くわけではありませんが、借入ができない期間というのはかなり不便な思いを味わうことになってしまうでしょう。

クレジットカードがあれば買い物のときに現金を持ち歩く必要はありませんし、ネットショッピングをするときもボタン一つでクレジットカード会社が代わりに商品のお金を支払ってくれるクレジットカード払いはとても便利ですよね。それが使えなくなってしまうと、ネットショッピングのときに商品が郵送される度にその都度現金を用意して代金引換でお金を払うことになりますよ。

また、銀行ローンが使えなければ、車や住宅ローンも組めなくなるので、人生設計にも大きく影響してくるのではないでしょうか。

一時的にお金が不足しているだけなら、消費者金融キャッシングや銀行カードローンを申込んでお金を支払ってしまった方が得策です。下手に「誰からもお金を借りない」、「お金を借りるのは嫌だ」と踏んばってしまうと、軽い傷が後々深くなりかねません。

お金を借りてもすぐに返せば済む場合は、素直に金融機関を頼って解決しましょう。

imasia_10961429_XL

 

携帯電話料金未払い   コメント:0


※プロミスのATMや自動契約機、三井住友銀行のローン契約機は場合によって、営業時間や休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る