電気料金が延滞で停止したらコンビニATMでキャッシング支払いも可

おまとめローン比較ハックス

おまとめローンやカードローンの比較を行います。

電気料金が延滞で停止したらコンビニATMでキャッシング支払いも可

読了までの目安時間:約 5分

 


金利ゼロ期間ありのプロミス

300 × 250
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短なら一時間の融資が可能!

▼会社バレなし
コールセンターの対応は完全顧客目線♪

▼最低返済額、毎月1000円から
自分のペースで楽々返済♪ 余裕があればたくさん返済♪

▼三井住友VISAプリペイド2000円分をプレゼント♪
新規契約してプリペイドのプレゼントがされるのはプロミスだけ!

▼WEB完結申込みでカードレスにできる!
※対象金融機関は200行以上あります。

▼自動契約機でカード発行①
土日・祝日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っている方
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】

▼最大30日間無利息キャッシング!

▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]




※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


WEB完結申込みのSMBCモビット

夏菜さん ループ
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!

▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし

▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!

▼自動契約機でカード発行①
休日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]


※SMBCモビットの即日融資(振込)については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットの利用は、安定した収入があることが条件です。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

もし、電気料金を延滞して、電気の供給を停止されてしまったらかなり困ったことになりますよね。
電気、ガス、水道の中でどれが一番大切かと言われたら、電気が一番大切です。
なぜなら、電気があればガスの代わりにお湯を沸かしたり、加熱したり調理することが可能ですし、水は近所の公園や公共施設で最悪無料で手に入れることができます。

したがって、ガスの代わりも務めることができる電気こそが一番重要です。そんな電気を利用できないと最低限の水準の生活もままなりません。手持ちのお金がないときも何とかして早めの復旧したいものです。

そんなときは消費者金融のキャッシングで電気料金を支払ってしまうのもアリかと思います。コンビニ提携ATMでキャッシングして、電気料金をすぐに支払えば、すぐに再び電気の供給を開始してもらえますよ。

融資スピードに長けたおすすめの消費者金融をランキング別に紹介しておきますので、ぜひ利用してみてくださいね。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_7971502_XL

電気料金の延滞も用途自由なキャッシングが解決してくれる!【詳細解決】

電気料金が延滞したときというのは気になることが目白押しですよね。たとえば、電気料金を延滞するといつから延滞利息が発生するのでしょうか。

それは各電力会社によってそれぞれ違いますが、たとえば東京電力を例にした場合、電気料金の支払い義務は検針日に発生し、支払期限日は検針日の翌日から30日目です。

したがって、延滞利息は支払期限日を経過した日数分支払うことになります。延滞利息は1日あたり約0.03%となり、1年ならば10%の延滞利息がつくことになるので、早く支払えるのならば支払ってしまいましょう。

ちなみに、東京電力の場合は支払期限日を過ぎて20日が経過しても、電気料金を延滞したままだと、告知と共に電気供給を停止されてしまうことがあるので気をつけておきましょう。

東京電力の場合は、電気料金が長い間延滞してしまうと口座振替をしていた人は口座振替が解約されてしまい、督促状が届きます。そのような状態になり電気供給がストップしてしまう前に、何とか電気料金を支払ってしまいたいものですよね。
もし手持ちのお金がどうしても用意できないのならば、キャッシングをして一時的に足りなくなったお金を補うのも手ではないでしょうか。

たとえば、当サイトでおすすめしている大手消費者金融プロミス、アコム、SMBCモビットは即日融資も可能ですので、キャッシング契約を締結できれば当日中に自動契約機でカードを発行し、消費者金融のATMやコンビニの提携ATMでキャッシングして、延滞した電気料金を払うという選択肢も有効かと思います。

キャッシングで電気料金などの公共料金を支払うのは気が進まないという人もいるかもしれません。そんな人は、消費者金融のキャッシングの金利が高いという噂を聞いていて、借金を抱えてしまうことを心配しているのではないでしょうか。

その心配はまったくの杞憂です。たとえば、大手の消費者金融プロミスやアコムは無利息キャッシングというサービスがあり、初回限定ではありますが30日間は金利ゼロでお金を借りることができますよ。

したがって、一時的にキャッシングを利用しても、次の給料日にお金を完済してしまえば元金のみの返済で済むわけです。お金を借りたのに利息を支払わないで済むのが嬉しいですよね。

電気料金の支払いだけでなく、キャッシングは公共料金や税金などの支払いにも有効です。お金がなくて困っているときはぜひ使ってみてくださいね。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_7443876_XL

 

公共料金 延滞・滞納 電気料金   コメント:0


※SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスに自動契約機は、契約機によって営業時間が異なります。
※プロミスのATMは、契約機によって営業時間、休日が異なります。
※三井住友銀行のローン契約機は、契約機によって営業時間、休日が異なります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る